Welcome to my blog

穏やかな時間(とき)の中で…

ARTICLE PAGE

小泉八雲記念館&小泉八雲旧居

松江で最も城下町らしい、佇まいをみせる
「塩見縄手」

この夏、リニューアルオープンしたばかりの
明治の文豪、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)さんの記念館へ訪れました!

8IMG_0942.jpg

「小泉八雲記念館」
8IMG_0947.jpg

名作「知られぬ日本の面影」
「耳なし芳一」「むじな」「雪女」など、短編を収めた
『怪談』『骨董』などの著作者


ケルティック・ウーマンの「ユー・レイズ・ミー・アップ」
◎Celtic Woman - You Raise Me Up (and Concert Closing, live at the Slane Castle)


にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
広島ブログ
記念館は2階建て
以前より、展示フロアーも広くなってましたね

1階には小泉八雲の生涯、実績などのご紹介
初版本や直筆原稿、書簡、愛用していたキセルや遺品など
妻セツの使った英単語覚え書きなど
貴重な収蔵品約200点を展示

ジャーナリストとして来日
日本人の女性と結婚し、帰化して、一時松江住み
数奇な人生を歩んだ生涯や、功績のパネル
常に携帯していた望遠鏡、来日時に着ていたスーツなど展示

2階ライブラリーは、小泉八雲の著書や
関連図書。八雲ゆかりの地などの情報など
閲覧も可能

8IMG_0945.jpg
隣接する。小泉八雲旧居
8IMG_0948.jpg

高浜虚子さんが訪れた際
読んだ句
「くはれもす八雲旧居の秋の蚊に 虚子」 
(昭和七年十月八日 出雲松江。八雲旧居を訪ふ)
句碑もありました


8IMG_0949.jpg

四季折々の花々、いろいろな風情が愉しめるお庭
眺めてますと、心安らぎますね
8IMG_0952.jpg
純和風の趣のある家屋
自然を愛した。八雲さんの人柄や
当時の暮らしぶりを感じられました

8IMG_0956.jpg
左目は失明し、右目も強度の近視だった
八雲さんが特注した脚の長い机

8IMG_0946.jpg

鑑賞後は、近くの茶屋で
ほうじ茶ソフトも堪能♪

◎小泉八雲記念館HP
℡0852-21-2147
島根県松江市奥谷町322
営業時間
4月~9月 8時30分~18時30分(受付は18時10分まで)
10月~3月 8時30分~17時(受付は16時40分まで)

定休日 年中無休 料金大人400円、小人200円
☆お得な松江城・小泉八雲旧居・小泉八雲記念館・武家屋敷の共通入場券 もあり
アクセス
JR松江駅からぐるっと松江レイクラインバス約16分「小泉八雲記念館前」下車
松江市営バス約18分「塩見縄手」下車、徒歩6分
一畑バス約20分「塩見縄手入口」下車、徒歩1分

※続きはまた後日…☆

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
広島ブログ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment