Welcome to my blog

穏やかな時間(とき)の中で…

ARTICLE PAGE

映画『ラ・ラ・ランド』鑑賞☆

3月を迎えましたね!
先日。公開を愉しみにしていた
映画『ラ・ラ・ランド』を鑑賞☆

lala3.jpg
監督デイミアン・チャゼル 脚本デイミアン・チャゼル
音楽ジャスティン・ハーウィッツ

キャスト
ライアン・ゴズリング エマ・ストーン ジョン・レジェンド
J・K・シモンズ フィン・ウィットロック ローズマリー・デウィット
ミーガン・フェイジェイソン フックスジェシカ・ロースなど


La La Land (2016 Movie) Official Trailer – 'Dreamers'



にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
広島ブログ
~あらすじ~

夢を追いかける人々が集まる街、アメリカ・ロサンゼルス
女優を目指し、ハリウッドの映画撮影スタジオカフェで働く
ミア・ドーラン(エマ・ストーン)は
毎日のように、オーディションを受けるが落ちてばかり

ある日、パーティの帰宅途中に
ピアノの音色に誘われ、「リプトンのバー」へ立ち寄ると
演奏する、セバスチャン・ワイルダー(ライアン・ゴズリング)と出会う

彼は以前渋滞したハイウェイで、後車からミアの車へ
クラクションを鳴らしながら追い越しされ、腹を立てた人だった

最悪な出会いから、やがて二人は恋におち、お互いの夢を
応援し合うようになる
セバスチャンには、いつか自分のジャズバーを持ち
本格的なジャズを、思う存分演奏したいという夢を描いていた

しかし、生活のため、かつてのバンド仲間キースの誘いを受け
「メッセンジャーズ」へ加入
バンド活動が成功しはじめ、ミアとの大切な時間がとれず
お互いの心がすれ違い始める…

~感想~

オープニングから、聴こえてくる音楽や風景など
ダンスシーンも、ふんだんに愉しめます
所々へ、名作ミュージカルのオマージュもあり(笑)

主役のライアン・ゴズリングとエマ・ストーンのお二人が
徐々に恋愛模様へなってゆき、グリフィス天文台など
色彩の美しいデートシーンも魅了

共演者の、ジョン・レジェンドなども良かったですけど
デミアン・チャゼル監督作「セッション」へも、出演してた
J・K・シモンズは今作も、味わい深い演技で存在感たっぷり

夢と現実、若き日の葛藤。挫折… 
お互いを尊重しながら、悲しい離別
それぞれの夢が叶い、ようやく再会を果たした二人でしたが
エンドールは切なく

思い出の曲を、セバスチャンが演奏し
最後に振り返るミアと、見つめあう表情が
ふと立ち止まった瞬間へ感じる、過去 の出来事…

そして、これからの未来を思い描くような、温かさと哀愁感が重なり
とても魅力的な映画でしたね

La La Land (2016 Movie) Official Clip – “City Of Stars”





第89回アカデミー賞では、作品賞を逃したものの
(主演女優賞、監督賞、美術賞、撮影賞、作曲賞、主題歌賞)最多6部門受賞


にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
広島ブログ
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

マリア  

お久しぶりです!。ようやく見てきましたが、想像してた以上に軽快で華やかで楽しかった。夢を叶えた2人だったけど、でも最後は、別の道を歩んでてちょっと残念な結末だったかも(;'∀')。
セブの想い描いたミアとの幸せは、なんだか切なくて胸が苦しくなりました。すごく心に残るミュージカル作品でしたよ。

2017/03/18 (Sat) 10:47 | EDIT | REPLY |   

Labrisa  

Re: タイトルなし

マリア さん こんにちは
お返事が遅くなってしまい(^^;)。コメントを下さり、ありがとうございます

「ラ・ラ・ランド」鑑賞されましたか
エンディングは、賛否の感想を持たれる方も多いでしょうが(笑)

“挫折”や“夢”など。お互いを高め続けあう、久々のエンターテイメントな
ミュージカル映画体験もでき
作品のためピアノを約数カ月も猛練習し、吹き替えなしで演じた
ゴズリング達も素晴らしかったですよね

そうそう、サウンドトラックアルバムも、映画の余韻へ浸れ
素敵なサウンドを日々かけせてますから、こちらもお勧めですよ(^^)

そういえば、マリア さん。小説「みをつくし料理帖」が
黒木華さんの主演、NHK連続ドラマとして放送予定だそうですよ
愉しみにしましょうね☆

2017年5月13日~放送開始
総合 毎週土曜 午後6時5分から<38分・連続8回>
http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/miwotsukushi/
【原作】髙田郁「みをつくし料理帖」 【脚本】藤本有紀

※拍手コメントを頂いた方も、本当に有難うございました☆

2017/03/19 (Sun) 13:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment