POST
Dans le temps calme ... 日々…何気なく感じた事などを、マイペースに綴っています。

映画『三度目の殺人』鑑賞&ランチ☆

  30, 2017 22:11
公開を愉しみにしていた
福山雅治さんの主演映画

是枝裕和監督と再タッグを組む
“法廷心理サスペンス”

映画『三度目の殺人』
fus1.jpg
鑑賞してきました!

映画『三度目の殺人』予告編

◎映画『三度目の殺人』公式サイト
~キャスト~
福山雅治、役所広司、広瀬すず、斉藤由貴、吉田鋼太郎、満島真之介、松岡依都美、市川実日子、橋爪功など


にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
広島ブログ
~あらすじ~

弁護士、重盛(福山)は、同僚の摂津に頼まれ止むを得ず
30年前の殺人事件、前科がある三隅(役所)の弁護を担当する

解雇された勤務先の、社長を殺害した容疑で起訴され
犯行も自供し、死刑の可能性が高い

重盛は三隅の罪を、「無期懲役」へ減刑できないのか?、事件の背景調べ始めます
しかし、次第に供述を二転三転させる三隅の動機へ
疑問を抱き、次々と変容していく事件の背景と真実
人間模様が描かれた、心揺さぶるストーリー

~感想~

オープニングから、センセーショナルな惨殺シーン
重盛(福山雅治)は、殺害容疑で起訴された
三隅(役所広司)の弁護を担当する

事件を調査過程で、浮かび上がる殺害動機
次第に供述も社長から解雇され金銭目的から、被害者の妻・美津江(斉藤由貴)に
殺害依頼された。自分は殺害してないなど幾度と変わる

三隅は30年前に殺人事件を犯し、当時担当したのは
重盛の父親だった。不思議な縁にも驚きましたが
弁護士、検察官や裁判官など司法にまつわるエピソードも興味深く

裁判所内での言葉の応酬。醸し出される雰囲気と緊迫感
接見室での、ガラス越しに重盛と三隅が対峙するシーン
静寂さがよりスリリングに胸に迫りました

さらに、三隅と被害者の娘・咲江(広瀬すず)との意外な関係
咲江から父親とのおぞましい秘密が告白され
重盛(福山雅治)は困惑し、翻弄される

役所さんの「生きていても、しょうがない人間もいる」など
怪演ぶり不気味さを増し、背景に迫る深い闇が…染み込みました

斉藤由貴さんのミステリアスな雰囲気や
(最近の話題?も重なってしまい…)

重々しい空気感が多い展開の中へ
すずちゃんと、真之助さんのすがすがしい魅力に救われ
光と影のバランスが絶妙

福山さんのスマートな、弁護士役もぴったり
(娘との距離感に悩む姿なんて、とても共感)

クライマックスは、是枝裕和監督が自ら望んだ
真実の行方が霧に包まれたまま

三隅は咲江を守るためだったのか?、重盛の「空っぽの器」という言葉が
様々な解釈ができ、余韻の残る作品でしたね

哀愁や、不可解な謎が続くストーリーへ寄り添う
ルドヴィコ・エイナウディの音楽も
素晴らしかったですね
Ludovico Einaudi - "Divenire" - Live @ Royal Albert Hall London



鑑賞後は、友人とランチ♪
浅草グリルバーグ
s1880.jpg

「天然塩麹仕込みの手ごねハンバーグ 」のランチセット
とっても美味でした☆




にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
広島ブログ
関連記事
スポンサーサイト

Comment 4

メロディー  

こんばんは、決して明るい映画じゃないけど、ましゃの弁護士役や、愛娘の対応へ悩めるパパぶり、大画面に映ってほんと素敵でした(〃^ー^〃)。
結末はモヤモヤ感、でも見応えのある作品だから、昨日2度目を見に行き、やっぱり3度目も観賞したくなりましたよ(爆)。

Edit | Reply | 
Labrisa  

Re: タイトルなし

メロディー さん こんにちは
お返事が遅くなってしまい(^_^;)。
コメントを下さり、ありがとうございます

3度目も映画をご鑑賞されましたか?(笑)
福山さんの弁護士役、とても格好良かったですよね☆

是枝監督が原案・脚本・編集も手掛けた、オリジナル作品ですし
司法(裁判官・弁護士・検事)の在り方や、緊迫感もあり重厚な作品でした

重盛が三隅の証言に翻弄されつつ、やがて真実を追求しようと
対峙する心情の変化も、興味深く面白かったでしょう

エンディング、結局三隅は咲江を守るために起こした事件だったのか?
接見室で重盛の、「空っぽの器」という表現が絶妙で
理不尽に運命へ操られた人々と、真実は委ねられるという演出へ魅了されましたね(^^)


※拍手コメントを頂いた方も、本当に有難うございました☆(^^)

Edit | Reply | 
ルナ  

Labrisaさん!。私も三度目(三回)観てきましたヨ♪ (爆)。
役所さんの凄みのある演技もすごいけど、ましゃの弁護士役ホント良かった。どアップだし感激もの。
ましゃの「冬の感謝祭」カウントダウンのライヴ、ゲットできました(^o^)v。只今落選しまくりの全国ツアーのチケットへ、エントリー中です(爆)。

Edit | Reply | 
Labrisa  

Re: タイトルなし

ルナ さん こんにちは
お返事が遅くなってしまい(^_^;)。
コメントを下さり、ありがとうございます

ルナ さん、すでに三度目(3回)も、鑑賞されたのですか
素晴らしいですね~☆

是枝監督と福山雅治さんの再タッグは
「そして父になる」以来ですし、私も愉しみにしていたのですが
それぞれの心情を、うまく作品へ表現されてあり
カメラワークや音楽、キャスト達も存在感有り、役所さんの演技はやはりお上手でした!

タイトルの深い意味
結末まで真実が語られないストーリーへの、その後の視点を
私たち観客へ委ねられたような、いろいろと考えさせられ余韻へ浸れましたね!

>ましゃの「冬の感謝祭」カウントダウンのライヴ、ゲットできました(^o^)v

チケットご当選されたようで、本当におめでとうございます☆
私の方も地元公演へ参加できそうですし
ルナ さんも今回、いろいろな地域で開催されるツアーのチケットも
ゲットできますよう、願ってますね(^^)

Edit | Reply | 

What's new?