POST
Dans le temps calme ... 日々…何気なく感じた事などを、マイペースに綴っています。

『聞く力―心をひらく35のヒント』 阿川 佐和子さん 著(文藝春秋 )

  17, 2012 19:38
土曜日の朝。時折タイミングが合うと…観られる
「サワコの朝」というトーク番組

作家、エッセイストである阿川佐和子さんが、毎週…多彩な顔ぶれのゲストを迎え
「心の中でひらめく1曲」。想い出深い…「音楽」に纏わる。自らの原点となった
当時のエピソードを交えた絶妙なトークを展開♪
エンディングでは、「今、心に響く曲」が流れ…
軽妙なやりとりと、和やかな雰囲気が愉しめますね

「サワコの朝」公式サイト
毎週土曜日 朝7時30分~8時 MBS・TBS系列(全国28局ネット)
(因みに、2/18は マツコ・デラックスさんがゲスト☆)

阿川さんといえば、今まで数々のTV番組等へ…出演した時に
親しみやすく、多様な状況に応じた…自由自在な話術も
とても魅了されます

新書『聞く力―心をひらく35のヒント』文藝春秋(2012/01/20)
拝読しました♪
416660841X.jpg

阿川 佐和子 さん   wikipedia
(1953年11月1日東京都生まれ )エッセイスト、タレント
父 作家 阿川弘之 
『朝のホットライン』(81年)リポーターに
『情報デスクToday』のアシスタント、『筑紫哲也NEWS23』のキャスター等を経て
『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)等。レギュラー出演

~主な作品~
『スープ・オペラ』、『婚約のあとで』(島清恋愛文学賞受賞)
『ウメ子』(坪田譲治文学賞受賞)
『ああ言えばこう食う』(檀ふみとの共著。講談社エッセイ賞受賞)
『屋上のあるアパート』(2011年、TBS系 ドラマ化)


※ネタばれ、感想。続きへ興味のある方は…
【Read More…】(続きを読む)をクイックして下さいませ☆
~あらすじ~

「インタビューは苦手?」という、阿川さん
1,000人ちかい、多くの人々との出会い…
30回以上のお見合いをし…様々な経験から
コミュニケーション術を学べる、エピソードが満載

10代のアイドル、マスコミ嫌いのスポーツ選手、財界の大物…等
幅広い世代の人々が、心を開き…つい本音を語ってしまうのはなぜか?

「心をひらく35のヒント」と記述されてますけど

1聞き上手とは(インタビューは苦手 面白そうに聞く メールと会話は違う ほか)
2聞く醍醐味(会話は生ものと心得る 脳みそを捜索する 話が脱線したときの戻し方 ほか)
3話しやすい聞き方(相づちの極意 オウム返し質問」活用法 初対面の人への近づき方 ほか)
商談、日常会話にも生かせる「聞く極意」

3つの大きな構成になってまして
1「聞き上手とは」項目の中で、「面白そうに聞く」での
城山三郎(作家)さんを、インタビューした際の…エピソード

「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」(1994.04 新潮文庫)
51EH9XE2AXL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

翻訳本がベストセラーとなり…
阿川さんは…色々な話題で、インタビューする予定だったのに
逆にインタビューされてしまう…

「なぜ、自分がぺらぺらしゃべり続けてしまったのか?」理由を模索し 
城山さんは、ただひたすら…
「そう」「それで」「おもしろいねえ」「どうして?」「それから?」
ほんの一言を挟むだけ、愉しそうに微笑みながら…お話を聞いていただけ

「この人に語りたい…」と想わせるような、聞き手になれば…良いのだと悟られます
そして、「城山さんを目指す!」という…目標が生まれたそうです

インタビューをする直前まで、スタッフ達との綿密な…打ち合わせ準備
打ち合わせ通り上手くいかない、そんな状況になっても…
どう対処すれば良いのか?。対策についてもサポートしてくれます

“同じ話も新しい話…感動的な話も、人に話を聞くことで
自分の心をときめかせたいのです。素直な気持で好奇心の赴くまま
人の話を聞いたとき、聞き手は 自分の記憶や気持をそこに重ね合わせ
必ず何かを感じ取るはず…
…聞かれた側もまた、語りながら改めて自分の頭を整理して
忘れかけていた抽斗を開け、思いも寄らぬ発見をするかも…”


~感 想~
自己啓発本というより、阿川さんらしい…エッセイの雰囲気を漂わせた
面白さと…読みやすい印象の一冊でしょうか

著名人達の…様々なエピソードが綴られて
文面からは、阿川佐和子さんの朗らかで…ユーモアのセンスがちりばめられ
温かなお人柄が伝わってきます☆

初対面の人々。日常生活においても、親交のある人々との…友好的な
コミュニケーションを取る難しさ
何気なく会話をしている時…。人の話に耳を傾け…聞く事の大切さ

親身になりながら…。また、安易な気持ちで…聞く姿勢も
聞き手側の自由ですが、御話しする側は…?
どのような印象を受けるのでしょう?

「聞く力」…ちょっとした意識や、姿勢の保ち方次第で
お互いが心地よく、コミュニケーションが出来る事の重要さを
改めて教えてもらえましたね

<週刊文春の対談ページ>
「阿川佐和子のこの人に会いたい」
今年の春には、20年目を迎えらる…
連載900回を超えても…続けらる。毎回多彩なゲストを迎え
それぞれの個性を尊重し、その人が持つ…
人間味が垣間みえ…愉しめる対談

『阿川佐和子の会えばドキドキ―この人に会いたい 7』
51DwV-Ig+FL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_
(2009.11 文藝春秋)
「対談集」も、シリーズ化され…関連本もいままで多数出版

阿川さんが、出版するかどうか?と悩み、心の揺れを感じられる
『聞く力―心をひらく35のヒント』
機会がございましたら、拝読してみて下さいね
関連記事
スポンサーサイト

Comment 2

マリア  

こんばんは (*^^*)。
阿川さんの本 。とっても興味深いですネ(≧∇ ≦)ъ。
スゴク綺麗な女性だし、ト ークも面白いです!憧れます ^ ^。

どうも、私はせっかちな性格 なので、「聞く力」は全くなくて (ノ_・。)。
いつになったら、身 につけられるのか? (爆)。

Edit | Reply | 
Labrisa  

Re: タイトルなし

マリア さん こんばんは☆
御返事が遅くなってしまい…(^_^;)
コメントを下さり ありがとうございます♪

阿川さんは、ユーモアもありますし…本当に素敵な女性ですよね(^_-)
他のエッセイ本等も…とても面白いのですが
「聞く力…」 も…とても読みやすいですし
マリア さんも、是非…機会がございましたら、読んでみて下さい^^

>せっかちな性格 なので、「聞く力」は全くなくて (ノ_・。)。
いつになったら、身 につけられるのか? (爆)。

私も“せっかちな性格”ですけど、未だに「聞く力」は…
全然身についておりません(^^ゞ(笑)

※拍手コメントを頂いた方も、本当に有難うございました(^^)

Edit | Reply | 

What's new?