2012年本屋大賞 『舟を編む』 受賞!

全国の書店員さんの投票で選ぶ
「2012年本屋大賞」が、発表になりましたね
大賞に選ばれたのは…
三浦しをんさんの、『舟を編む』(光文社)が受賞

(ノミネート作品10作品の中から、書店員さん達が選ぶ
 今一番売りたい本)


515j5VdhHyL__SL500_AA300_.jpg
『舟を編む』(光文社 2011/09/17)
◎三浦しをんさん
『格闘する者に○』(2000年)で小説家デビュー
『まほろ駅前多田便利軒』(06年)第135回直木賞 受賞
様々な職業の、ディティールに拘わった作品を
多く執筆し、“職業小説”の名手と知られている


※以前の記事は、こちらを参照♪
◆小説『舟を編む』 光文社 三浦しをんさん 著 2011.11.02◆
(辞書に纏わる…。人間模様が交差し
 面白くて…微笑ましいストーリー展開と
 終盤は涙がこぼれるような、感動を与えてくれる
 不器用ながらも懸命に…生きている人々を
 魅力的に描かれています♪)


出版社の「辞書編集部」を舞台に
新しい辞書『大渡海』の編纂(へんさん)へ、奔走する人々を描いた作品

光文社の女性ファッション誌『CLASSY』(2009年11月号~2011年7月号 連載)
華々しい、ファッション雑誌の中で
「辞書づくり」という、一見地味なテーマを扱い
掲載当時から話題を呼ぶ

紀伊國屋書店の書店員が選ぶ「キノベス!2012」でも
年間1位に輝く等、発売直後から
全国にいる、書店員さんから高い支持

※「本屋大賞2012」ノミネート10作品の順位&
続きへ興味のある方は…
【Read More…】(続きを読む)をクイックして下さいませ☆


007 - コピー
~「本屋大賞2012」 ノミネート10作品の順位~

1位 『舟を編む』     三浦しをん  (光文社)

2位 『ジェノサイド』   高野和明   (角川書店)

3位 『ピエタ』      大島真寿美  (ポプラ社)

4位 『くちびるに歌を』  中田永一    (小学館)

5位 『人質の朗読会』   小川洋子    (中央公論新社)

6位 『ユリゴコロ』    沼田まほかる (双葉社)

7位 『誰かが足りない』  宮下奈都   (双葉社)

8位 『ビブリア古書堂の事件手帖』 三上 延 (アスキー・メディアワークス)

9位 『偉大なる、しゅららぼん』  万城目学 (集英社)

10位 『プリズム』     百田尚樹 (幻冬舎)

第9回目となる。今回は…
(2010年12月1日~2011年11月30日に刊行された
 日本のオリジナル小説が対象)

書店員が「いま、一番売りたい本」を、3冊投票する
一次投票には、過去最高となる
全国431書店560人が参加し、上位10作品がノミネート
大賞を選ぶ二次投票には、全国302書店、371人が参加

本屋大賞受賞作は、例年…
映画やドラマなどで映像化☆
リリー・フランキーさんの『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
(2006受賞作)
湊かなえさんの『告白』(2009年受賞作)など、大ヒットを記録
昨年も東川篤哉さんの
『謎解きはディナーのあとで』(2011年受賞作)がTVドラマ化

~ 三浦さん 談~
「右と左の説明の仕方は、辞書好きな人にとってはすごく基本的なことなんですけど、
こういう言葉ほど、説明するのは難しい。
日本語がネイティブな人は、右や左なんて
あえて辞書を引いたりすることもないだろうし、
同じように普段あまり考えずに使っている言葉ってたくさんありますよね。
でも、ちょっと考えてみると、言葉って凄く不思議だし、大事なものだと気がつく。
その楽しさを感じてもらえたら嬉しいですね」

「恋愛小説ではないけど、大人になってから
新しい世界が見えてくる瞬間や、誰かに想いを伝えたいと思う
最たるものは、やっぱり恋愛なのかなと(笑)。
今までも明るい小説では、常に『だれかの情熱には、
情熱で応える』人の姿を行動で示して描いてきたつもりなんですが、
今回はいかに言葉で伝えるかを考えていたので、
登場人物たちのなかでモヤモヤしていた想いが溢れて、
いつになく熱い表現が多くなったかもしれません」
(ダ・ヴィンチ2011年11月号 「今月のブックマーク」等より一部抜粋)



機会がございましたら、是非とも読んでみて下さいね
関連記事
スポンサーサイト

コメント 4件

コメントはまだありません
cooper  
影響力

こんにちは。

何年程前からでしょうか、”本屋大賞”がでてきたのは。
かなり、影響力を持つようになりましたね。

私は”週刊文春ミステリーベスト10”などをチェックしています。
この1位は読んでいませんが、2位『ジェノサイド』は読みました。
『ジェノサイド』は、週刊文春ミステリーベスト10で知りました。
ノミネート作品は、やはり読み応えがありますね。


今日の風雨が、桜の終わりを告げるような...

2012/04/11 (Wed) 15:40 | 編集 | 返信 |   
マリア  
本屋大賞(≧∇≦)ъ。

こんばんは(*^^*) 。
三浦しをんさんの『舟を編む』。本屋大賞になったのですネ(^^)d 。
ステキな本だし、受賞したので
スゴクたくさん売れるでしょうネ(^o^)。

映画や、ドラマにされたら
楽しみたいと思います^^。

2012/04/11 (Wed) 21:31 | 編集 | 返信 |   
Labrisa  
Re: 影響力

cooper さん  こんばんは☆
コメントを下さり ありがとうございます♪

”本屋大賞”、”週刊文春ミステリーベスト10”…など
ランキングしますと…話題になり、注目度もアップしますから
特定の作家ファンの読者ではなくても、「読んでみたい…!」と
多くの方が、興味を惹かれるのでしょう(^^)

『ジェノサイド』、cooper さんも拝読されたのでしょうか(*_*)
話題のミステリー小説でしたし、本屋さん等で、暫くの間…第一位でしたから
私も読みましたよ ^^(笑)

国際的な機密事項や、近未来に…起こりえるかも?しれない
「新しい人類」との対立等。壮大なストーリー展開から…始まり
全般的に、深く考えさせられ、とても難しい内容でしたので
読み終えるまで…かなり、時間がかかってしまいました(^_^;)

『ジェノサイド』か?、『舟を編む』?。どちらかの作品が
本屋大賞になる!。と、勝手ながら…想像していました (*^^*)

全国的にも、桜が満開を迎えた…地域も多いでしょうね☆
散りゆく桜の情景を…愉しみ、また来年も…
素晴らしい桜の花に…出逢えます様に (^_-)

2012/04/12 (Thu) 18:09 | 編集 | 返信 |   
Labrisa  
Re: 本屋大賞(≧∇≦)ъ。

マリア さん  こんばんは☆
コメントを下さり ありがとうございます♪

「本屋大賞」へ…見事に輝きましたね^^
国語辞書は、沢山の人々が…かつて使用していた
身近な書物にも関わらず、いつの間にか…開かずの状況になり(^_^;)

出版へ携わる…編集者達の、様々な視点から描かれていて
「辞書をひく愉しみ」を、再び認識させて貰えたような…
気持ちになりましたでしょう(@^^)

>映画や、ドラマにされたら 楽しみたいと思います^^。

もし実現されたら、キャスティング等…とっても話題になりそうですね (*^^*)
期待しながら、お互い心待ちにしましょう (^_-)

※拍手コメントを頂いた方も、本当に有難うございました(^^)

2012/04/12 (Thu) 18:13 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ