FC2ブログ

『生きてるだけで100点満点 99歳のぼくから君たちへ』日野原重明さん著(ダイアモンド社)

kotonoha さんから、素敵な本をご紹介してもらいました
(感謝☆)

『生きてるだけで100点満点 99歳のぼくから君たちへ』
日野原重明著(ダイアモンド社 2010.09)
(故郷である。母親の母校「山口県山口市立湯田小学校」での
「いのちの授業」の様子を特別編集し収録DVD付 約38分)

47801366.jpg

日野原先生が、2010年に99歳(白寿)を迎えられる時
書かれた。子供向けの初自伝本です

現在も、聖路加国際病院の院長先生として
患者さんを…診察されながら
ボランティア活動を続け、全国の小学校を訪れ
“いのちの大切さ”を…伝えています
「いのちの授業」、エネルギッシュに講演ご活動中

※日野原先生の、以前の記事はこちらをご参照下さい♪
◆今年の漢字(2011年)“絆” 感動した詩画集『いのちのバトン』2011.12.12 ◆

※あらすじ等続きへ興味のある方は…
【Read More…】(続きを読む)をクイックして下さいませ☆

059.jpg
~あらすじ~

1. ぼくの生まれた日野原家
2. 10歳のつらい体験
3. 谷口先生とアグバン先生
4. 20歳のぼくにおそいかかった死の病
5. 一生わすれられない患者さん
6. 戦争が、すべてを変えた
7. アメリカへ留学。39歳の再出発
8. 大きな円の一部になりたい
9. 歴史的大事件が、第2の人生の始まり
10. 無差別テロ事件に直面して
11. 10歳の君たちへ。いのちの授業

~本文 一部抜粋~

「君たちのいのちは、どこにあるの?」
すると子どもたちは、すぐに手をあげて口ぐちに答えるものだ。

「心臓」「頭!」「体全部!」

なるほど。どれも、ぼくたちにとって、大切なものだ。
でも、本当にいのちは、心臓や頭にあるのかな?

「いいえ、ちがいます」
ぼくがそう答えると、子どもたちは、はっとして、ぼくを見つめる。

「心臓は、生きる上で欠かせない酸素や栄養素を血液にのせて
全身に送るポンプです。
いのちを動かすために重要だけど、いのちではありません。
では、いのちとは何だろう?ヒントは、“目には見えないもの”です」

ぼくは、続けて言う。
「フランスの作家、サン=テグジュペリの小説『星の王子さま』の中に、
こんな一節があります。
王子さまと仲良くなったキツネがこう言うのです。
『大切なものは、目には見えないものだ』。
友情も、愛も、絆も、感じることはできても
目で見ることはできませんね。
同じように見えないけれど、とっても大切なもの。それは何だろう?」

そうたずねると、子どもたちは、となりの友だちと顔を見合わせたり
うーんと頭をかかえたりして、考えこんでしまう。

「それは、ひとりひとりがもっている“時間”です。
それぞれにあたえられた時間が、すなわち“いのち”なのです」

だれだって、時間は目に見えないけれど、大切なものだということがわかるから
「みんなのいのち、どう使っていますか?」
続けてぼくは、いつもこうたずねている。

たとえば1日、何もせずにぼんやりすごす子もいれば、
友だちと遊んですごす子もいる。
必死に勉強をしてすごす子もいるかもしれない。
どう時間を使おうとも、同じいのちだ。
だからこそ、できるだけ大切に、自分のいのちを使ってほしい。
そう思い、ぼくは提案する。

「君たちのいのち、自分のためばかりではなく、人のために使ってみよう」
なぜなら、睡眠、食事、勉強、遊びと自分のために
たくさんの時間を使っているから

さあ、最後にぼくから宿題です。
大切な時間を、自分のことばかりに使っていないか?
少し考えてみてください。
もっと自分以外の人のために時間を使うことができないか? と
考えてみてください。
お父さんやお母さんに、自分の時間をどう使っているか聞いてみてもいいで
すね」

そして、もうひとつ、大切なお願いがある。
「20歳になったときに、もう一度同じ質問を自分に投げかけてほしいと思います。
りっぱなおとなである 成人をむかえたそのときに、
お父さんやお母さんと同じ おとなの仲間入りをした
そのときに、『自分は日々どうやって 大切ないのちの時間を使っているか』を、
もう一度考えてほしいのです」

これで、ぼくのいのちの授業はおしまい。
君たちも、想像してみてほしい。人のためにいのちを使うことは、
そう簡単なことではないんだ。
でも、たくさんの人が少しでも多くの時間を、自分以外のだれかのために使ったら……。
そのとき、世の中から戦争がなくなって、平和な世界をつくることが、きっとできる。


~感想~
生死を彷徨う…大病。「よど号ハイジャック」事件へ遭遇
担当医として、初めて患者さん(女の子)が亡くなった時の事
「地下鉄サリン事件」の被害者達が…病院へ多く運ばれてきた時
戦争や平和について、ご両親との…深い愛情物語
様々な出来事を乗り越え…医師の道へ邁進

優しく分かりやすい言葉が綴られ、日野原先生が自らの人生を
振り返りながら、長い歳月を重ねたからこそ書ける
重みのある数々の言葉は、とても心に響きました

穏やかな御姿をみているだけでも、とても元気になります♪
機会がございましたら、拝読してみて下さいね
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

「星の王子さま」

Labrisaさん こんばんは。

日野原重明さんの自伝本をご紹介して頂き、ありがとうございました。
私もたまたま行きつけの本屋さんでふと発見し手元にあるのでが、本屋さんで何気なくウロウロしていると(^^)、琴線に触れる本に巡り逢えることがありますよね。

拝読していますと、少年時代の貧しいながらもほのぼのとした家族との情景。ご自身の大病や医師になろうという確固たる決意。
医療に携わっていらっしゃる先生の患者さんへの切実な想いが感じられて、涙してしまうところもありとても感動してしまいました。
(歴史的な大事件にも遭遇されていらっしゃるのですね。)

p.s.以前ブログでもご紹介してくださった「舟を編む」(著者:三浦しをんさん)。今手元にあり拝読したいと思います。

Re: 「星の王子さま」

kotonoha さん こんにちは☆
コメントを下さり ありがとうございます♪

>本屋さんで何気なくウロウロしていると(^^)琴線に触れる本に巡り逢えることがありますよね。

そうそう!。表紙を眺めていると…“読んで読んで♪ ”と(笑)
呼ばれているような感じで、素敵な書籍に出逢えますでしょう(*^^*)

こちらこそ、日野原先生の本を御紹介下さり…とても感謝しています★
日野原先生の歩まれている。長い人生の道のりには
様々な出来事がり、懸命に乗り越えていらっしゃる御姿に
心を揺さぶられてしまいます…
(それにしましても、“歴史的な大事件”に、何度も遭遇されるとは (*_* )

小さい子供達に伝わりやすいような、優しい語り口で綴られていて
温かな読後感が広がっていました(^^♪

いつまでも、お健やかなお姿を私達に魅せて欲しいですね(^_-)

「舟を編む」←“言葉を大切に”される方々にお勧めの本ですので
じっくりと拝読されて下さいませ♪

P.S.昨夜の「ニコニコ生放送~」ZARDアンコール放送
kotonoha さんは、無事にご覧になられましたか?
私も、後日…録画した番組を愉しみたいと想ってま~す(^^ゞ

※拍手コメントを頂いた方も、本当に有難うございました(^^)
非公開コメント

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキングへ参加中!
☆訪問の際には、1日に1回…クイックを ↓ポチっと↓…お願いします☆
広島ブログ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
最新記事
カテゴリ
B'z (1)
doa (1)
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
プロフィール

Labrisa

Author:Labrisa
広島県在住
家族と暮らす身近な出来事や、趣味・音楽など…
何気ない幸せを大切にし
のんびりと過ごせられたら…と願っています(^^)

★趣  味☆
音楽や映画観賞 スポーツ観戦
読書 プチガーデニング
以前習い事をしていたモノを
時折…創作しています(^^ゞ

★お気に入りアーティスト☆
・ZARD ・Beatles ・福山雅治…等
流行りの音楽や、クラシック…ジャズ
ヒーリング系音楽等も♪

ブロとも一覧

くまねこくんのどんぐり日記

さんきゃっちゃーの懸賞日記
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR