Welcome to my blog

穏やかな時間(とき)の中で…

ARTICLE PAGE

ZARD 泉水さんの“縁の地”巡り…②「聖徳記念絵画館」

※“縁の地”記事からの…続きを
こちら↓をご参照下さい♪

◆ ZARD 泉水さんの“縁の地”巡り…①2012.06.07 ◆

078_20120609125057.jpg
「聖徳記念絵画館」を、メインに訪れるのは
JR中央・総武線 「信濃町駅」から(徒歩5分)、陸橋を渡り…

076_20120609125124.jpg
明治神宮外苑の風景を確認し、左側方面へ進みますと
迷わず、分かりやすいかもしれませんね
(根っからの“方向音痴”の私は、辿り着くまで迷ってしまい

066_20120609130156.jpg

070_20120607222815.jpg
無事に到着。知人と…連絡を取り合い
待ち合わせ時間まで、館内を観賞

絵画や美術等への、造詣が深い坂井泉水さんは、ご入院中に…
気分転換のため「外出許可」を貰い、よく観賞されていたそうです

※公式に「聖徳記念絵画館」へ、訪れていた事を
発表された後も…。“縁の地”…と呼べるものなのか?
泉水さんのプライベートな、闘病中の“心情”へ…触れてしまうようで
この場所へ訪れる事へ…躊躇し随分と悩んでました
勾配のきつい、階段を何度も上られた…と想うと
切なくて、儚さも感じられますね…


068_20120607191559.jpg
◎明治神宮聖徳記念絵画館
東京都新宿区霞ヶ丘町1番1号
開館時間 9:00~17:00(最終入館16:30)
施設維持協力金 500円

※1926年(大正15年 旧青山練兵場の跡地へ建設)
「直線的意匠と先駆的技術を採用した、わが国初期の美術館建築」と評価
「明治神宮宝物館」と共に、国の重要文化財へ指定
072_20120609145825.jpg

大正時代に建てられた。重厚感溢れる…ドーム状の近代建築
館内はとても天井が高く、厳かな雰囲気を漂わせています
“大正ロマン”を感じさせる。モダンな建築は…
以前訪れた。「ミュージアム1999 ジャルダンデルテ」同様
“好奇心”を擽られてしまいますね

041_20110609185118.jpg
※「ミュージアム1999」については、こちら↓をご参照下さい♪
◆5/27 終演後 泉水さんの縁の地へ “ZARD満喫ツアー ➂ ”2011.06.09 ◆

073_20120607222837.jpg

荘厳な館内へ入りますと、数人程の…来館者あり
吹抜の大広間には大理石や、モザイクタイル等…壮麗な装飾

左右に別れた…絵画室の構成となり
当時の一流画家達による。優れた芸術作品、政治、文化
風俗の貴重な歴史資料

明治天皇を中心に纏わる。維新の大改革
その時代の勇姿と、歴史的光景を…史実に基づいた
厳密な考証の上、描かれた80枚の名画

※壁画は、明治天皇のご生誕から、崩御までの出来事を…
年代順に
(1番~80番まで並び、40番まで「日本画」 41番以降は「洋画」)


明治天皇の、「御降誕」から「大葬」
「大政奉還」「憲法発布式」「帝国議会開院式臨御」
「日清役黄海海戦」「日英同盟」
「王政復古」「鉄道開業」、「憲法発布式」など
明治維新…日本近代化への、様子が描かれ
激動の歴史の歩みと、重みが感じられます

それぞれの、コーナーには、休憩用の長椅子が置いてあり
ゆっくりと観賞できる…ご配慮もされてました

泉水さんも、心穏やかに想いへ耽ったり
時間の許す限り…
落ち着いた雰囲気を、愉しめたのではないでしょうか…

建物を出ますと、壮大な景観が広がり…心地よい風が吹いていました

074_20120607222855.jpg

「あの日」から5年…。それぞれ想いの受け止め方は
様々なものがあるでしょうね…
私自身も、“心の葛藤”を…繰り返しながら
ZARDの音楽へ、出逢えた奇跡に…“感謝”

時間(とき)を経て、ようやく建物の中に入り
観賞する機会に恵まれた事へ、本当に有難く想っています

時間の都合上、「いちょう並木」等の散策は…諦め
知人との待ち合わせ場所へ…移動☆

※続きは、また後日改めて
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

kei  

坂井さんを偲んで

Lbrisaさん、こんばんは。この聖徳記念絵画館は、坂井さんが入院生活の時によく足を運んだところですね。ZARDの縁の地には、当てはまらないとは思いますが、坂井さんとかかわりのある所ですね。坂井さんが亡くなった当時、2年間ぐらいにわたって、休みの日は、いつもここから六本木まで歩いていました。坂井さんの苦しかった闘病生活のことを思うととても切なくなり、ZARDの曲を聴きながら、祈りを捧げていました。坂井さんの分までがんばらなければと自分に言い聞かせてました。入館したのはたった1回だけですが、建物の前には、おそらく200回以上は通り過ぎたので、とても想いに残る所です。この前Folkenさんと一緒にここに来ました、その後日本青年館の前の公園で暗くなるまでお話しました。これらの場所は坂井さんを想う人達が訪れる所なんですね。
みんな同じ気持ちでつながっているのだと思います。


2012/06/21 (Thu) 23:07 | EDIT | REPLY |   

Labrisa  

Re: 坂井さんを偲んで

kei さん  こんばんは☆
コメントを下さり ありがとうございます♪

ZARDの曲を聴きながら、200回以上も…訪れられたとは(*_*)
素晴らしいですね★
縁の地近辺へお住まいの、方達が羨ましい限りです(笑)

ずっと、この場所へ訪れることを…躊躇してましたが
今は、「訪れて良かった!」と、本当に想っていますよ (*^^*)

館内へ入りますと…独特の空気感もあり、不思議と心が落ち着きますね
きっと、泉水さんも、厳かな雰囲気を感じつつ…
ご闘病中の辛さ…等も忘れ。心を静め…命の輝きを昇華し
癒された一時を過ごされたのではないでしょうか…

遺された軌跡は、私達の心の中へ…永遠に生き続けているでしょうし
いつまでも、大切なメッセージへ…耳を傾け
ZARDサウンドを愛してゆきましょうね(^_-) 

※拍手コメントを頂いた方も、本当に有難うございました(^^)

2012/06/22 (Fri) 20:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment