POST
Dans le temps calme ... 日々…何気なく感じた事などを、マイペースに綴っています。

アニメーション界の至宝 『フレデリック・バック展』観賞☆

  16, 2012 22:35
043 - コピー

現在、広島県立美術館にて開催中の
特別展『フレデリック・バック展』を観賞♪
(※明日「最終日」)

高畑 勲、宮崎 駿両監督(スタジオジブリ)はじめ
世界中のアニメーション作家へ
多大な影響を与えた。アニメーション界の至宝
フレデリック・バックさん

館内は、多くの人々で賑わっていましたね

1Fには、「クラック!」へ登場する
“ロッキングチェアー”を再現
038 - コピー

チェアーへ座り、皆さん記念撮影されていて
勿論、我が家も交代しながら(笑)
とても、座り心地が良かったですね

037 - コピー
(第54回アカデミー賞短編アニメーション部門受賞 1981年) 国内巡回展
◎『フレデリック・バック展』L'Homme qui Plantait des Arbres 公式HP
主催 広島テレビ、広島県立美術館
企画制作協力 スタジオジブリ、三鷹の森ジブリ美術館
特別協力 アトリエ・フレデリック・バック、ラジオ・カナダ
◎フレデリック・バック(Frédéric Back, 1924年4月8日 -アニメーション作家 )“ wikipedia ”

2歳の頃に、鉛筆で描かれた「ピエロの絵画」をはじめ
(繊細なタッチに、ビックリ
1000点を超える。絵画、デッサン、セル画など
幼少期から、現在へかけて…貴重な数々の作品展示

広島とも縁が深く
「広島国際アニメーションフェスティバル」グランプリ、2度獲得
来日の際に描かれた、宮島の大鳥居の絵画

幼い事に描かれたスケッチや、美術学校へ通い
学生時代絵画を、学んでいた頃の作品
祖国フランスでの、田園風景や…数々の作品

旅先での、雄大な自然を感じさせる風景画や…風俗画
イラストや、アニメーション作品を制作する以前に
優しいタッチで描いたもの…等

カナダへ移住し、テレビ生放送番組へ出演した際
テーマへそった。絵を描いている映像
(当時の視聴者の子供達に、大人気だったそう☆)

日常生活や、先住民達の暮らしぶりが伝わってくるような
歴史や文化に触れながら、多岐に渡り…魅了される作品

『クラック!』(82年)、『木を植えた男』(88年)
アカデミー賞短編アニメーション部門受賞作品や
オリジナリティーが溢れる 9つのアニメーション作品の
ダイジェスト映像

アカデミー賞のオスカー像の展示☆
フレデリック・バックさんの、創作活動以外での
「植樹活動」等へ、情熱を傾けている…足跡も辿れます

自然に対する深い敬意や、環境問題など…
時代背景がそれぞれ異なり。多彩な表現で作品展示

温もりを感じさせる様な、“遊び心”…がある作品
どれも興味深く、じっくりと展覧会愉しむ事ができましたね

観賞後、グッズショップへ向かいますと
「三鷹の森ジブリ美術館限定オリジナルグッズ」も販売
(パンフレットやトトロの木鈴。いくつかの作品のしおり等)


3F展望ロビーの、隣接したティールーム
「徒夢創家(トムソーヤ)」へ

045_20120916195302.jpg
店内からは、縮景園の美しい景観が眺めながら
美術館の、ゆったりと落ち着いた
雰囲気を愉しめますね☆
(風景が伝わり難いショットですが

047 - コピー
「ホットサンドセット」¥500
(ホットサンド、本日のスープ、ドリンク)

049 - コピー
『フレデリック・バック展』期間中の限定メニュー

046 - コピー
「柚シャーベット&バニラのアイス」¥300
柚のグミのような果肉が入っていて美味♪
夫&子供達はチョコ&バニラを堪能

開催期間 平成24(2012)年7月14日(土)~9月17日(月)
開館時間 午前9時~午後5時(金曜は午後8時まで開館)
(入館 閉館30分前まで)
開催場所 広島県立美術館(広島市中区上幟町2-22)
◎広島県立美術館HP


広島ブログ
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?