POST
Dans le temps calme ... 日々…何気なく感じた事などを、マイペースに綴っています。

絵本『たなばたまつり』松成 真理子さん 著

  07, 2013 10:38
七夕の日を迎えましたね

このところ、職場でも折り紙を折ったり
短冊へ、大切な願い事を書き…
大きな笹の木へ、彩り豊かに飾りつけをしていました

心和やかになる。松成 真理子さんの絵本
『たなばたまつり』
tanabata.jpg
作・絵 松成 真理子
(2010年06月発行 講談社)

~あらすじ~

もうすぐ七夕
さきちゃんが住む町の広場へ、大きな大きな笹が置かれ
子どもたち、おじいさんや、受験生のお兄さん
トラックの運転手さんなど街の人達は
広場の笹へ、其々の願い事を書いた“短冊”を飾りました

“短冊”は、雨や風が吹いても…
とばされないように、がんばります

いよいよ、星が瞬く『たなばたまつり』の夜
“短冊”からはなれた。沢山の“言葉たち”が
夜空へのぼっていきます…

tanabata2.jpg

~感 想~

色彩豊かな、“たなばたまつり”の風景
淡々と描かれ、ほのぼのとして心温まります

短冊の中へ“人にやさしく ブルーハーツ”という
願いごとも描かれてあり、遊び心でしょうか(笑)

松成 真理子さんの、“願いは、きっと叶う”
作品へ込められた想いも、伝わってきますね!

親子で愉しめる絵本です☆

機会がございましたら、『たなばたまつり』
作品に触れてみて下さいね

~七夕~
七夕、中国の古い伝説に基づく行事と、日本古来の清めの行事が
結びついたもの

中国の古い伝説
わし座の首星アルタイル(牽牛星)と、琴座の首星ベガ(織女星)の恋物語

古来日本には
7月7日「棚機つ女(たなばたつめ)」という、清めの行事があり
棚機つ女と呼ばれる、乙女が棚機(織り機)で機を織り
神様に供え、「災厄を祓う」お願いをしたのが始まり
「七夕(たなばた)」という呼び名は、ここから来ているといわれます

◎松成真理子(まつなり まりこ)さん 絵本作家
大分県生まれ
主な作品
『まいごのどんぐり』第32回児童文芸新人賞受賞
『ふでばこのなかのキルル』『じいじのさくら山』『くまとクマ』
『ころんちゃん』、『手ぶくろを買いに』(『かさじそう』など


◎THE BLUE HEARTS - 人にやさしく

作詞・作曲: 甲本ヒロト
(1991年JT SUPER SOUNDライブイベント映像)


THE BLUE HEARTSがメジャーデビュー前
インディーズで、リリースしたシングル

2002年 香取慎吾さん主演
フジテレビ系ドラマ『人にやさしく』主題歌
同年 2月6日CD再発売
(この楽曲がドラマの題名の由来)


広島ブログ
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?