Dans le temps calme ... 日々…何気なく感じた事などを、マイペースに綴っています。

穏やかな時間(とき)の中で…

浜田省吾ライブスペシャル~僕と彼女と週末に~

暑い日々も続きますが、もう少しで7月も終わりますね!

先日、NHKBSプレミアムにて放送
浜田省吾さんが約12年ぶりとなる
TVへ出演された特別番組

『浜田省吾ライブスペシャル~僕と彼女と週末に~』
(7月28日後11・50~0・90)


nhkhama.jpg


ソロデビュー35周年を迎えた全国アリーナツアー
(2011年4月~2012年6月まで)

そのステージでの模様や、世界のニュース映像
(社会情勢、環境問題。戦争、平和などをテーマに構成)

近代から、現在の日本の歩みを映し出した映像も
ふんだんに、盛り込まれてましたね

そして、省吾さんご自身による、Tour Site Biogで
綴った様々なメッセージ

その中でも、3/11大震災後の被災地のフォトや
広島の原爆についての、メッセージなど
とても、印象深く心へ響きました…


※2012年リリースのDVD / Blu-ray
「ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend"」LIVE映像を
約90分間のテレビサイズに、再編集しオンエア!


 
オープニング曲
「僕と彼女と週末に」


白熊さんの、着ぬいぐるみを着て
省吾さんご登場☆(ビックリしました!笑)

◎浜田省吾さん コメント

2010年秋
「どうして我々は今こうして、この状況の中に在るのか…」という
テーマで記録映像や、ニュース素材と、自分自身のライブ映像をミックスし
「僕と彼女と週末に」という、映像作品を制作し、発表…

その作品を基調とした。コンサートツアーを準備していた
2011年の春。東日本大震災に見舞われ…
悲しみと喪失感、そして、張り詰めた緊張感の中で行われた
このコンサートツアー
ミュージシャンにとっても、ツアースタッフにとっても
特別な旅になりました…

このテレビプログラムは、そのステージの模様を
およそ90分間に編集した…音楽番組

音を楽しんで頂くことを、目的として制作しましたが
基にあるコンセプト
「どうして我々は今…」を感じて頂けたら幸いです」



~ツアーセットリストの中から、選曲されたLIVE映像~

「J Boy 」「ON THE ROAD」「Hello Rock & Roll City」
「独立記念日」「悲しみは雪のように」「PAIN」「裸の王達」♪


兄がお気に入りだった『PAIN』
この曲を聴くたびに、感慨深く感じられます

◎浜田省吾 - Pain

『PAIN』
作詞・作曲 浜田省吾、編曲 板倉雅一
アルバム「Down by the Mainstreet」(1984年10月21日リリース)へ収録



実家にある兄の部屋の壁には、熱中していた頃
そのままに…
結婚後も暫くは、居なくなった部屋へ
当時の拓郎さんや、省吾さんのポスターが
沢山貼られてました

成長した甥っ子も、やがて…ファンになり
兄がごっそりと、息子に聴かせるため
アルバムなどを、自宅へ持ち帰ってましたね

もう社会人になりましたが、音楽の話題で
親子の会話も、弾んでいるようです♪


~ナレーションを務めた。田家秀樹さんとの対話~

可愛らしい、白熊のパペットを持ったまま
おしゃべりする、省吾さん?(笑)

「Theme of Father's Son―遥かなる我家」「Rising Sun―風の勲章」
「J.Boy」「ON THE ROAD TIME MACHINE」


公演が行われた。各会場へ向けて
過去から、未来へのメッセージ

~アンコール 映像~

「I am a Father」「君のいるところが My Sweet Home」

最後のメッセージ

「日はまた昇る」「僕と彼女と週末に」

◎浜田省吾 - 日はまた昇る ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend"

『日はまた昇る』
作詞・作曲・歌 浜田省吾
アルバム「SAVE OUR SHIP」(2001年8月22日リリース)へ収録


~エンディング~

まだ20代の頃。友人と一緒に
省吾さんのLIVEへ、参加した懐かしい想い出も巡り
60歳を迎えたと想わせない。存在感たっぷりのLIVEパフォーマンス

(五ヶ国語の歌詞表示)
海の向こうまで、届いて欲しいという
願いを込められているそうです

初挑戦のナレーション、貴重なインタビューシーンなど
ライブ&ドキュメンタリー番組を満喫出来ましたね


◎浜田省吾(はまだ・しょうご)さん
1952年12月29日 広島県竹原市生まれ

転勤族だった、警察官の父親は戦前「特別高等警察」に所属
8/6広島への原爆投下時。「救援隊」として尽力され
被爆により後年、「原爆症」でご逝去

被爆二世として、反戦やメッセージ性の強い
楽曲も多くご制作

親の転勤により、幼いころは、転校を余儀なくされ
内向的な反面、部活動はスポーツ界系

神奈川大学在学時代。同じ広島出身の5人が集まり
「愛奴(あいど)」バンド結成(ドラム・パーカッション担当)
大学中退後、広島へ戻り、音楽活動を続ける

1974年「広島フォーク村」の先輩。吉田拓郎さんの全国ツアーへ
約1年間バックバンドとして参加
1975年9月「愛奴」を脱退
1976年4月21日「路地裏の少年」でソロ・デビュー
(「愛奴」1976年12月解散)
デビュー当時からサングラスはトレードマーク♪


広島ブログ

スポンサーサイト
  1. 浜田省吾
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキングへ参加中!

☆訪問の際には、1日に1回…クイックを ↓ポチっと↓…お願いします☆

広島ブログ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ

カテゴリ

B'z (1)
doa (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

フリーエリア

プロフィール

Labrisa

Author:Labrisa
広島県在住
家族と暮らす身近な出来事や、趣味・音楽など…
何気ない幸せを大切にし
のんびりと過ごせられたら…と願っています(^^)

★趣  味☆
音楽や映画観賞 スポーツ観戦
読書 プチガーデニング
以前習い事をしていたモノを
時折…創作しています(^^ゞ

★お気に入りアーティスト☆
・ZARD ・Beatles ・福山雅治…等
流行りの音楽や、クラシック…ジャズ
ヒーリング系音楽等も♪



.