POST
Dans le temps calme ... 日々…何気なく感じた事などを、マイペースに綴っています。

小説『まほろ駅前狂騒曲』三浦しをん さん著

  10, 2013 07:55
心待ちにしていた。新書
三浦しをんさんの、“まほろ駅前”シリーズ

『まほろ駅前多田便利軒』(第135回直木賞受賞作)
『まほろ駅前番外地』に続く第三弾!

『まほろ駅前狂騒曲』
mahoro.jpg
文藝春秋 (2013/10/30)


面白くて、一気に拝読しました★

◎フラワーカンパニーズ「ビューティフルドリーマー」

ドラマ「まほろ駅前番外地」OP曲
(2013年日本民間放送連盟賞のテレビドラマ部門、優秀賞)


にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村
~あらすじ~

(三浦さんが以前暮らしていた
東京都町田市をモチーフにし、架空のまほろ市が舞台)

便利屋を営む…多田啓介。高校時代からの友人、居候を続ける行天春彦(助手)
多田の元へ、様々な依頼が舞い込む

ある日、行天の元妻凪子から、4歳の娘「はる」を
押しつけられ、夏の間だけ預かることとなる

その後、子供が嫌いな行天が、「はる」とともにバスジャックへ
巻き込まれたことを、多田は知らされ…

健康食品を販売し、まほろで活動中の怪しげな(笑)
謎の団体・HHFAとの対峙
自分勝手で偏屈な老人。多田の憧れてた女性との恋など

年齢も全く異なる、不思議な雰囲気を漂わせた人々の
エピソードが満載


~感想~

まるで狂騒曲のように、様々な人々の交錯を描き
読み進むと、それぞれの抱えた心の痛み、葛藤…
個性的な周り、の人々と、関わりながらも
自分自身も再生してゆくストーリー

痛快でいて、ほっこりと心に響く作品

“まほろ駅前”シリーズ最終章
今までのシリーズ、魅力ある登場人物達も登場
(チワワのルル、曾根田のばあちゃん、ハイシー、星、まほろキッチンの亜沙子等)

三浦さんが描く、巧みな表現力に魅了されます♪

ドラマシリーズも観たいのですが
広島では放送されず…、映画化もされてますので
(映画『まほろ駅前多田便利軒』2011年、劇場公開
出演 瑛太、松田龍平など)

機会がございましたら、作品に触れてみてくださいね

※三浦しをんさん、関連の記事は↓こちら♪
◎小説『舟を編む』光文社 三浦しをんさん著 2011.11.02

◎坂本慎太郎 「まともがわからない」

ドラマ「まほろ駅前番外地」ED曲(テレビ東京系)


にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村


広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment 2

マリア  

No title

まほろこの本で終わりとは、勿体ない感じがして゜゜;)。瑛太や龍平くんが出てた映画もステキ(^o^) 。
『舟を編む』の龍平くんも良かったけど、しをんさんの物語にピッタリ!。このシリーズ楽しくって、ずーっと続きをを読んでいたいです(^^)d 。

Edit | Reply | 
Labrisa  

Re: No title

マリア  さん おはようございます
コメントを下さり、ありがとうございます

“まほろ駅前”シリーズ、映画も原作のイメージそのままの
町田市の風景、キャスティングで愉しめましたね☆

シリーズ完結なようですが、読者の続編を期待する
熱烈な声が沢山あつまると、三浦先生も再び描かれるかもしれませんよ^^

瑛太さんも素敵ですが、あまちゃんでも魅せた
松田龍平さんの、あの独特な雰囲気(笑)
益々魅力的な俳優さんになられましたね(*^^*)


※拍手コメントを頂いた方も、本当に有難うございました☆

Edit | Reply | 

What's new?