Welcome to my blog

穏やかな時間(とき)の中で…

ARTICLE PAGE

心安らぐ絵本『小さなピスケのはじめてのたび』二木 真希子さん著

「となりのトトロ」はじめ、スタジオジブリアニメーション
多くの作品原画を担当されている
二木真希子さんが描かれた

絵本『小さなピスケのはじめてのたび』
ポプラ社 発行日1993年12月

350_Ehon_71476.jpg

~あらすじ~

ねずみのビスケは、一人暮らしをはじめるため親元を離れ
自分の住む家を探す、はじめての旅へ出る

旅の途中に出逢う、美しい自然の木々や川…街など
せっかく居心地の良さそうな、場所をみつけても
お父さんとの約束の言葉を忘れ、断られたり…

川辺で流され、風に吹き飛ばされそうになったり
小さなビスケは幾多の困難へ遭遇

失敗を繰り返しながらも、数々の冒険エピソード…
果たしてピスケは安心出来る、良い住処が見つかるでしょうか?

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村

広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

~感想~

二木さんが描かれた、繊細で優しい…色彩描写

小さなねずみのピスケからみえる、自然界の厳しさ
様々な冒険エピソードは、どれもほのぼのとして
頁をめくるたびに、温かな世界観が広がってゆきます

ピスケの物語は、絵本『はじめてのともだち』続編もあり
何度でも読み返したくなる、大人でも愉しめる絵本です

機会がございましたら、作品へ触れてみて下さいね☆


以前訪れた。「三鷹の森ジブリ美術館」へ
纏わるエピソードは、こちらから→
 ◎東京散策②(三鷹の森ジブリ美術館)2013.05.09
20130508204724dfd_20150201211333641.jpg

心安らぐ絵本とともに聴きたくなる
シューマンの『森の情景』

◎ロベルト・シューマンのピアノ独奏曲集 『森の情景』(Waldszenen作品82)
Waldszenen Op. 82 (Forest Scenes) by Robert Schumann, Hal Freedman, pianist

ラウベの詩集『狩の日誌』(Jagdbrevier)に触発されて作曲(1848年~1849年)

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村

広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

マリア  

No title

どうも、ご無沙汰です(爆)。
ジブリの二木さんが絵本を書いてるなんて、 初めて知りました^^。
宮崎駿監督と名コンビだったし、絵本もキレイで面白そう~。今度、本屋さんで探してみますネ~。

2015/01/26 (Mon) 18:38 | EDIT | REPLY |   

Labrisa  

Re: No title

マリアさん おはようございます
コメントを下さり、ありがとうございます

宮崎監督が長年、とても信頼を寄せていた
数少ないスタッフの一人でしたよね☆

『世界の真ん中の木』なども、御勧めですよ!
優しい眼差しで、繊細に描かれいる絵本ですので
マリアさん是非、読んでみて下さいね(^^)

※拍手コメントを頂いた方も、本当に有難うございました☆

2015/01/27 (Tue) 08:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment