小説「凍てついた夜」リンダ・ラ・プラント著

新幹線など、移動の合間に良く読書してるのですが
暑い日々に読みたくなる
ハードボイルド小説「凍てついた夜」
61T7PopyfCL__SL500_AA300_.jpg

(原題:Cold Shoulder  訳者:奥村 章子)
  出版 早川書房 (1996/01)  (1994年作品)


蒸し暑い時に、ハードボイルド作品を読み
凍てついた夜へ聴きたい曲

やっぱりベタですけどジャズ(笑)
マイルス・デイビスさんが即興でを制作し奏でた
『死刑台のエレベーター』のテーマ
◎Miles Davis
Ascenseur pour l'echafaud / 死刑台のエレベータ (HD)

「死刑台のエレベータ」1958年フランス映画
出演者:モーリス・ロネ、ジャンヌ・モロー、リノ・ヴァンチュラ 音楽:マイルス・デイビス


主演のジャンヌ・モローさんの、クールビューティさと
トランペットの音色がとても心地よいですね♪

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
広島ブログ
~あらすじ~

ロサンゼルス市警に従事する、優秀な女性警部補だった
ロレイン・ペイジ

ある事件をきっかけに、信頼する仲間を失い
人生の歯車が狂い始め、酒におぼれ、アルコール依存症となり
最愛の家族と別れ、売春婦まで身を落す

ヒロインがどん底な状況から、苦しみもがき
更生施設で出会った仲間と共に、人生をやり直す事を決心
しかし、連続殺人事件へ、自らも巻き込まれてしまう

~感想~

お仕事や家庭生活も、順調だった主人公が
少年を誤殺し、その後の挫折感
転落する無残な姿が、とても痛ましい

出逢いをきっかけに、人生をやり直すことを誓い
数年後、ようやく更生施設を退院

そんな中、連続殺人事件へ
巻き込まれ、探偵事務所を立ち上げ
事件を解決しようとする

元同僚達からの、嫉妬やねたみ。何度もくじけながら
仲間との約束を忘れず
別れた娘たちとの再会を願い、必死に人生再生へ
向かおうとする姿に共感しますし、心揺さぶられます

ミステリーなハードボイルド作品としても、読み応えある小説でした!
機会がとざいましたら、ストーリーへ触れてみて下さいね

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村

広島ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント 2件

コメントはまだありません
マリア  
No title

事件解決のプロセスが日本のドラマと違い、面白くって海外ドラマ結構好きです!。「第一容疑者」の作者でしたっけ?。孤独な女性の戦い、濃厚な展開の匂いが(爆)。ちょっと読んでみたいです(@^^)。
    

2015/05/27 (Wed) 20:28 | 編集 | 返信 |   
Labrisa  
Re: No title

マリア さん こんにちは
コメントを下さり、ありがとうございます

以前私も、海外ドラマへ夢中になった時期がありますから
そのお気持ち良く分かりますよ(笑)

そうそう、この作品も女性が主人公ですし
三部作になっているようです☆

主人公に纏わる人間模様。僅かな証拠を見つけて
事実を繋ぎ合わせ事件を解決してゆく、くだりが興味深く
緊迫したリアル感も、描かれた小説ですので
是非、暑い夜へ拝読してみて下さいね(^^)

※拍手コメントを頂いた方も、本当に有難うございました☆

2015/05/28 (Thu) 11:25 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ