Dans le temps calme ... 日々…何気なく感じた事などを、マイペースに綴っています。

穏やかな時間(とき)の中で…

映画『キャロル』観賞☆

先日観た。映画『キャロル』
感想を少し…

◎映画『キャロル』予告編

監督 トッド・ヘインズ
~キャスト~
ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、カイル・チャンドラー、ジェイク・レーシー、サラ・ポールソンなど
原作 パトリシア・ハイスミス 小説『キャロル』
(別名義 クレア・モーガン 小説「The price of Salt(歓びの代償)」1952年出版)


にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
広島ブログ

 
~あらすじ~

1952年ニューヨーク。クリスマスシーズンを迎えた
デパートの玩具売り場にて、アルバイトをする
テレーズ(ルーニー・マーラ)

愛娘への、プレゼントを探しに来た
神秘的で気品に満ちた。キャロル(ケイト・ブランシェット)に出逢う

彼女の優雅な美しさをへ、魅了されたテレーズ
忘れ物の手袋、クリスマスカードを送り、お礼にランチへ誘われる
御互いが惹かれあうように、親交を深めてゆく…

テレーズには、求婚してくれる。恋人・リチャードの存在がありながらも
愛娘の共同親権を巡り、別居中の夫、ハージ(カイル・チャンドラー)と
離婚訴訟中の、キャロルへ夢中になり、別れることに

キャロルも寂しさから、テレーズを誘い、二人は旅へ向かう
やがて親密さをましていき、幸せの絶頂を迎える…

彼女たちの愛し合う情事を、ハージが雇った探偵に
密偵されている事に気づくが、不利な状況になり
二人は距離を置くことに…

キャロルへなかなか逢えず。落胆するテレーズでしたが
夢だったニューヨークタイムスへ、勤めはじめる

愛娘のためキャロルは、夫の実家で昼間だけ生活を共にするが
姑とも折り合わず、どうしょうもない虚無感を感じていた
そして、運命の離婚調停審議が始まる…

~感想~

年齢も生活環境も全く違う、エレガントな大人の女性キャロル
まるで少女の様な面影を残した。可愛らしいテレーズ
二人の繊細な感情と…。心通わせてゆく恋愛模様

原作同様に1950年代。レトロ感満載な風景も素晴らしく
世間でも、同性愛者への偏見も激しかった
時代背景も描かれてます

旅路ドライブ中に流れていた。フランク・シナトラのクリスマスソングなど
音楽もストーリーへ彩りを添えてました
物語へ登場する。御二人の衣装もお洒落で素敵☆

主人公のキャロルを演じる、ケイト・ブランシェット様は
妖艶さと圧巻の演技力を魅せ、期待を裏切りませんでしたし(笑)
キャロルが頼りにしている。友人の(元彼女)アビー役
サラ・ポールソンさんも、味わい深くて良かった

まるで天使のような、可憐なテレーズ役のルーニー・マーラさん
強烈な刺青のパンク少女リスベット役。「ドラゴン・タトゥーの女」時とは
全く異なるイメージで演じられていて
とても魅力的な女優さんでしたね!

官能的な決してドロドロとした。恋愛模様でなく(笑)
穏やかな時間が流れる様な、美しい展開により
不思議と共感してしまう、感覚へ浸れます

離ればなれになった春先。キャロルがタクシーの車内から
ジャーナリストとして洗練された。テレーズの姿を見かけ
儚い眼差しで眺めるシーン…
切なくて胸が熱くなりました

母親として愛娘のため…。苦渋の選択をしたキャロル
新生活が整い、テレーズをリッツへ誘い出すも
再会した2人は…

エンディングは、其々の過程を描きつつ
テレーズはレストランである人へ…歩み寄る

キャロルのなんともいえない表情へ
結末はホッとする様な、幸福感へ包まれました
機会がございましたら、作品へ触れてみてくださいね

オープニング映像から登場人物たちの
感情表現を乗せた。カーター・バーウェルさんの音楽にも魅了☆

◎Carter Burwell - CAROL (Opening Theme)


にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
広島ブログ
関連記事
スポンサーサイト
  1. 映画・Blu-ray (DVD)観賞
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]


comment

No title

  1. 2016/02/24(水) 04:17:11 |
  2. URL |
  3. のん
  4. [ edit ]
ルーニーのあのゴージャスなケイトを見つめるまなざし。ドキドキした〜テレーズ超可愛い。私も惹かれちゃうかも(爆)。ソフトフォーカスな映像もイイ感じ!。ちょっと旦那が小物すぎて興ざめしちゃいました(;'∀')。でもこの時代のファッションやヘアスタイル、ウェットな音楽や美術。どれもときめくものばかり。ラストシーンのキャロルの表情、ロマンチックfでホロって感動モノの映画だった。

Re: No title

  1. 2016/02/27(土) 11:43:41 |
  2. URL |
  3. Labrisa
  4. [ edit ]
のん さん こんにちは
お返事が遅くなってしまい(^_^;)、
コメントを下さり、ありがとうございます

50年代の雰囲気、美しい色彩へ調和した様な、ケイトさんも素晴らしかったですが
ルーニーさんの見つめる瞳。視線の動き…心揺さぶられましたでしょう☆

二人の愛情の揺らぎ。静かに激しく伝わって来るような
深い余韻に浸れるストーリーでしたよね

久々に公開中へもう一度観賞して観たくなるような
映画に出逢えましたね(^^)

※拍手コメントを頂いた方も、本当に有難うございました☆

No title

  1. 2017/02/10(金) 14:55:07 |
  2. URL |
  3. キャッシャー
  4. [ edit ]
WOWOWでようやくみました(/・ω・)/。叙情的で全てが美しく調和してあり、心で通じあっていくルーニマーラとケイトブランシェット二人の名演技が光ってて、より一層格調高い空気をだしてましたね~。
クールな眼力のキャロルと、ピュアな可愛らしさテレーズの、本当に“美しい”映画で余韻が残り、なんか原作も読んでみたくなりました^^。

Re: No title

  1. 2017/02/10(金) 17:58:53 |
  2. URL |
  3. Labrisa
  4. [ edit ]
キャッシャー さん こんばんは
初めましてでしょうか。コメントを下さり、ありがとうございます

WOWOW←。『キャロル』放送され始めましたね!。私も録画して改めて観ました☆
昨年映画館でも鑑賞しましたが、トッド・ヘインズ監督の描く映像美

同性愛がテーマですし、一見敬遠されがちな作品ですが、時代背景や
ファッションの美しさも愉しみつつ
シンプルで素敵なラブストーリーでしたよね

いずれまた、ルーニーさんとケイトさんの共演を期待しましょう~(^^)


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキングへ参加中!

☆訪問の際には、1日に1回…クイックを ↓ポチっと↓…お願いします☆

広島ブログ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ

カテゴリ

B'z (1)
doa (1)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

フリーエリア

プロフィール

Labrisa

Author:Labrisa
広島県在住
家族と暮らす身近な出来事や、趣味・音楽など…
何気ない幸せを大切にし
のんびりと過ごせられたら…と願っています(^^)

★趣  味☆
音楽や映画観賞 スポーツ観戦
読書 プチガーデニング
以前習い事をしていたモノを
時折…創作しています(^^ゞ

★お気に入りアーティスト☆
・ZARD ・Beatles ・福山雅治…等
流行りの音楽や、クラシック…ジャズ
ヒーリング系音楽等も♪



.